沿革

神戸市では1953年から神戸港を中心とする東西両海面の埋立事業を開始し、1970年東部第4工区122万m²の埋立完成をもって総事業費約550億円の第1期事業を終了しました。

この第4工区の南半分約47万m²に三井物産㈱がオルガナイザーとなり、農林水産省指導のもとに精糖、製油、製粉、油脂加工、配合飼料、冷凍食品並びにインスタント食品等の食品関連製造企業を誘致し、食品コンビナートとして、1972年3月「食品工業団地形成促進要綱」に基づく農林水産大臣の認定を受けました。

当社はこれらの進出企業で使用される蒸気・電力等の供給、排水の一括処理、総合防災設備の提供等を目的として1971年2月に設立されたものであり、今日まで甲南埠頭㈱の最新式荷役設備と相俟って食品関係の生産、流通の合理化に寄与してまいりました。

現在当該コンビナートに進出した我国有数の有名食品企業等24社に蒸気や電力を供給し、排水処理および防災設備等のコンビナートの共同利用施設の管理・運営を行っております。

1971年02月資本金2億円で設立
1971年10月増資1億8,000万円 資本金3億8,000万円
1973年10月増資2億2,000万円 資本金6億円
1986年07月5号(木屑チップ)ボイラー設置
2004年03月減資1億2,000万円 資本金4億8,000万円(現在)
2004年06月C重油からA重油への燃料転換、排煙脱硫装置廃止
2006年03月第2受電所、第3受電所、第4受電所を廃止
2006年08月A重油から都市ガスへの燃料転換
2007年02月ISO14001(JQA)認証取得
2010年12月汚泥乾燥燃料化設備新設
2015年08月7号(貫流)ボイラー設置
2016年4月5号最終沈殿池増設及び最初沈殿池の曝気槽化
PAGETOP
Copyright © Konan Utility Co.,ltd. All Rights Reserved.